HOME > 投稿詳細

みんなのソーシャルオピニオン

社会福祉のために

社会福祉のための増税と言いますが、なんだか一方通行のような気がします。誰がその恩恵にあずかっているのでしょう。本当にごく一部の人だけのような気がします。税金をたくさん払う人はいつも同じ人です。ろくに税金すら支払ってこなかった弱者は、いつも他人の払った税金の恩恵にあずかっています。これが社会福祉だというなら、とても不公平だと感じます。かたや、節約して子供を大学にいかせて、そのために必死で働いているのに、他方では何だかんだと理由をつけて働きもせず税金を垂れ流すように使っています。不公平を感じるのが当然のような気がします。頑張る人が損をする、そんな世の中は間違っています。これでは民主主義ではなく社会主義ではないでしょうか。

応援企業

大塚和成は、事業を通じて『みんなのソーシャルアクション』の投稿を募集しています。

投稿フォーム こちらのフォームより皆さんのアクションを投稿することができます。
会社名 大塚和成
WEBサイト 大塚和成弁護士を独占取材した記事
サイト紹介 OMM法律事務所は、“Client First”という基本理念と、そのような弁護士としての理想を共有できるメンバーと共に、「強さ」を追求し、クライアントの最善の利益を実現していきたいと考えています。 2009年『社長解任 株主パワーの衝撃』(毎日新聞社)、2012年『企業コンプライアンス態勢のすべて〔新訂版〕』(金融財政事情研究会)。 大塚和成氏が関わった案件では、21LADY(名証セントレックス)おける委任状争奪戦(上場企業の株主総会において創業者社長の再任議案が否決された事例・提案株主側)(2018年)。 現在、OMM法律事務所には、弁護士として私と宮沢奈央弁護士が所属しています。

みんなのソーシャルアクション

  • ▼バックナンバー
  • 1~30

応援サポーター一覧

このソーシャルアクションは、上記の応援サポーターの、WEBサイト、店頭、メールマガジン、社内報などにより募集を行っています。