KHJロゴ

特定非営利活動法人
KHJ全国ひきこもり家族会連合会

メニュー

2019年度 ひきこもり問題の理解促進と支援力向上のための研修会 ~関東地区開催~を開催します。お問い合わせはメール(lecture@khj-h.com)でお願いいたします。 (行政等の方で、請求書や領収書、業者請負登録等が必要な場合は、 その旨お申しつけください。ご相談の上で対応いたします)


ひきこもりの問題は社会制度の狭間に置かれ、長く自己責任とされて、どこにも支援を求められませんでした。また、ひきこもりの相談を受ける支援者側からは「本人に会えないので対処できない」「支援の方法が分からない」といったひきこもり対応に苦慮する声が多数ございます。

本年3月の内閣府調査で40歳以上のひきこもり者が61万人という報告がなされ、大きな社会問題としての認識が芽生えつつあります。特に、親80代・子50代のひきこもり長期高年齢化を表す「8050問題」においては、家族間の問題がより複雑に絡み合い、緊急性を伴うものが少なくありません。

KHJ全国ひきこもり家族会連合会では、家族会として専門職や有識者と連携しながら、長くひきこもり支援を実践してきました。2017年度からは、積み上げた実績や研究結果に基づいて、支援者を対象にひきこもりに関する諸問題や支援策について研修会を実施しております。昨年度はのべ237名の参加があり、参加者の満足度も大変高く「ひきこもりの相談対応や支援実践活動の参考になった」との評価を多数頂いております。

当事者団体だからこそ、当事者が望む支援を実践して参りました。本研修を通じてひきこもりに関する理解を深め、現場の実践活動に反映できる機会となれば幸いです。

詳細は以下をご参照ください。

2019年度 ひきこもり問題の理解促進と支援力向上のための研修会 ~関東地区開催~ 開催要項:表 2019年度 ひきこもり問題の理解促進と支援力向上のための研修会 ~関東地区開催~ 開催要項:裏PDF版チラシ(240KB)

1.開催日時 2020年1月27日9:55~16:40(受付は9:30より)

2.研修内容

研修時間 研修科目
10:00~11:30 ひきこもりと理解と対応、相談・訪問における留意点
~ひきこもり相談支援における留意点、アセスメントを理解する~
11:30~12:30 ≪昼休憩 60分≫
12:30~14:45 長期・年長ひきこもりの理解と支援
~ひきこもる人の理解・多様な支援手法・支援のマネジメント~
14:45~15:00 ≪休憩 15分≫
15:00~15:45 ひきこもりの家族が望む支援と対応
~家族への対応の留意点、支援者に求める支援について~
15:50~16:35 ひきこもり本人の望む支援と居場所活動
~支援者に望む「ひきこもり支援」と「居場所活動」について~

 

3.研修会場 「港区 勤労福祉会館 第一洋室」(東京都港区芝5丁目18-2)
JR京浜東北線「田町」駅 三田口(西口) 徒歩5分
都営地下鉄浅草線・三田線「三田」駅 A7番出口を出てすぐ左隣

4.参加対象  ひきこもり支援に携わる方、ひきこもり支援に関心のある方(定員:70名)

※本研修は、これからひきこもり相談に携わる方や、支援の実践経験が少ない方向けの初任者向けの内容です。支援者でなくても、ひきこもり支援に関心をお持ちの方でしたら、参加して頂けます。

5.参加費    11,000円(竹中哲夫先生の資料代含む)

研修科目 講 師 名
ひきこもりと理解と対応、相談・訪問における留意点 鈴木 美登里 氏(社会福祉士)
東海市生活困窮者自立相談支援事業 支援員
NPO法人オレンジの会理事
ひきこもり家庭への訪問経験や相談実績多数
長期・年長ひきこもりの理解と支援 竹中 哲夫 先生(臨床心理士)
日本福祉大学名誉教授、日本福祉大学心理臨床研究センター(心理臨床相談室)研修指導員
代表著書「ひきこもり支援論」(明石書店)
ひきこもりの家族が望む支援と対応 上野 亨二 氏
KHJ「町田家族会」代表
KHJジャーナル「たびだち」編集責任者
ひきこもり本人の望む支援と居場所活動 Toshi 氏 (ひきこもり経験者)
当事者団体「ひき桜」運営スタッフ・「ひきこもりフューチャーセッション庵」運営スタッフとして、居場所活動等のピアサポートを実践
ひきこもり当事者・経験者発信メディア「ひきポス」編集委員

=お申込み方法=
参加をご希望の際は、 下記の項目をご記入のうえ「メール」または「官製の往復ハガキ」のいずれかで、お申し込みください。
(1)お名前(ふりがな)  (2)ご所属  (3)郵便番号・住所  (4)電話番号  (5)参加人数
※複数名の参加を希望される場合は、ご一緒に参加する方のお名前もお書き添えください。

【メールによるお申し込み】 (lectureは「レクチャー」の綴りです)
lecture@khj-h.com「KHJ ひきこもり支援研修(基礎編)」係
※メールにて「参加費振込案内」をご返信いたします。

【官製の往復ハガキによるお申し込み】
1.往信面の表面に「170-0002 東京都豊島区巣鴨3-16-12-301
KHJ 全国ひきこもり家族会連合会 研修係」とご記入ください
2.往信面の裏面に(1)~(5)の項目をご記入ください
3.返信面の表面に、返信先のご住所と宛名をご記入ください
4.返信面の裏面には何も記入しないでください
※返信面に「参加費振込案内」を記載してご返送いたします。

【申込締切】 2020年1月22日(水)※ハガキによる申込みは必着
定員(70名)に達してない場合は、当日の参加も可能です。当会HPでご案内します。個人情報は適切に管理し、研修事業のみに使用いたします。

=お問い合わせ・ご連絡先=
特定非営利活動法人 KHJ 全国ひきこもり家族会連合会
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨 3-16-12-301
E-mail: lecture@khj-h.com  Homepage: http://www.khj-h.com
お問い合わせはメール(lecture@khj-h.com)でお願いいたします。
(行政等の方で、請求書や領収書、業者請負登録等が必要な場合は、その旨お申しつけください。ご相談の上で対応いたします)