KHJロゴ

特定非営利活動法人
KHJ全国ひきこもり家族会連合会

メニュー

よくある質問


KHJとは何の略ですか。

Kazoku・Hikikomori・Japanの略です。
1999年設立 唯一の全国組織のひきこもり当事者家族会です。
※2015年、「親の会」から「家族会」へ名称変更。
※現在39都道府県 56支部 約3000家族が所属しています)
※ひきこもる本人のみならず、家族(親やきょうだい)も孤立感を抱えて悩みを抱えている「当事者」として一緒に活動しています。

ひきこもりの捉え方について

「ひきこもりは病名ではない。自己責任、家族責任でもありません。社会全体の問題であり、地域課題でもある」
ひきこもる本人にとって、ひきこもり状態とは、「生きていくために、それ以外を選択せざるをえなかった状態」と捉えています。
そうしなければ生きられなかった、生存するためのひきこもりです。
その選択を「間違っているから」と否定してしまうことは、生きようとしてきた本人自身を否定することにもつながります。
「悪いものを直す」姿勢は、目の前の本人の現状否定につながります。

ひきこもる原因、きっかけは多様ですが、問題の本質は孤立です。
家族も本人も世間との関係を一切絶ってしまい、困っていても、誰にもSOSを求めない状況があります。家族丸ごとの孤立が長引き、将来の不安を抱えたまま8050問題となっている世帯も少なくありません。

ひきこもりの定義について

現在、KHJの新定義を策定中です。

KHJジャーナル「たびだち」とはどのような冊子ですか。

家族会が発信する情報誌『たびだち』は「ひきこもり」という言葉の社会的認知が低い頃から、ひきこもる心情や要因、特性、関わり方などについて、当事者の視点から俯瞰的に発信し続けている、日本でも類を見ない「ひきこもり情報誌」です。
2001年3月に創刊されて以来、2022年1月に通算100号目の発刊を迎えました。       
 ※2年前の川崎カリタス通り魔事件、元農林水産事務次官長男殺害事件をきっかけに、会員向け機関紙から一般向けの情報誌にリニューアルするべく、第91号から編集長にジャーナリストの池上正樹を迎え、編集部を組織し、現在の編集体制に至っています。

【『たびだち』概要ページ】https://www.khj-h.com/papers/our-newspaper/
【『たびだち』冊子版購入ページ】https://forms.gle/jWGmAc9cMtaxKpHw9
【『たびだち』PDF版購入ページ】https://khj.thebase.in/
【『たびだち』プレスリリース】https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000089205.html